貴金属を買取してもらう時は本人確認用の書類が必要になる

貴金属を買取してもらう時は本人確認用の書類が必要になる

貴金属買取で査定対象になるものを理解しておこう

カードが並ぶ

チェーンが切れてしまったゴールドのネックレスや、すでに壊れて修理もできない銀時計など、使えなくなった貴金属アイテムがあるなら、買取に出してみましょう。買取に出すと言っても、一般の中古品回収業者などではなく、貴金属を専門とする業者です。そうした専門業者では、他の中古品回収業者同様、製品の買取に際して査定を実施します。しかし、その査定の内容は、あくまでも製品中の貴金属を対象としたものであり、製品そのものの有用性は主たる関心の対象ではありません。その点を理解していれば、自宅の貴金属製品で、すでに使えないものであっても、何ら問題なく専門業者買取に出していいものと判断できるでしょう。
ただ、もしブランド品の貴金属アイテムやデザイン性に優れたものを買取に出す場合は、貴金属買取業者の中でも、そうした点をプラスに評価する方針の業者を選ぶ方がお得でしょう。貴金属の重さや品質を評価した上で、有名ブランドなので少し上乗せした査定金額にする等の対応を取ってくれます。ノーブランド品ならこうした業者の使い分けは特に必要ないかもしれませんが、ブランド価値も含めて買取金額を決めて欲しい場合は、業者選びを慎重にする必要があるでしょう。

TOP